投げ銭貰って、来年の確定申告前に慌てないために会計の準備を【ゲーム配信者向け】

当たり前ですが、日本ではお金を稼ぐと税金がかかります。ゲーム配信の広告などを通じて、一定以上の収益が生じた場合には確定申告が必要です。

雑所得として処理できる金額ならば良いものの、一定以上の収入がある場合は、白色申告もしくは青色申告を必要とします。申告には(必要とするレベルの高低はあるものの)帳簿が必要ですが、これらを作成するにはある程度の会計知識が必要です。

ここでは取っ掛かりとして何をしなければならないのかをご紹介してみます。

確定申告とは?

確定申告は前年に受け取った収入と支出を元に、最終的な税の対象となる収入を確定させ、国や地方自治体へ納付するべき税金の金額を決定する手続きを言います。

税金の計算対象となる収入の対象期間は、1月1日~12月31日です。例えば、2017年3月14日に広告料を受け取った場合、2017年1月1日~12月31日の期間の収入としてカウントされ、翌2018年に確定申告を行った後、税金を支払うルールになっています。

ただし、会社員や派遣・パート・アルバイトなど企業に雇用されている人は、毎月一定の収入(給与所得)が発生するため、一年間に支払うであろう税金の総額予想から一か月分に相当する金額を会社が毎月回収(源泉徴収)し、各個人に代わって会社が一括して国や地方自治体へ税金を支払う仕組みになっています。

一年間に支払うであろう税金の総額は、住宅ローン控除などのいろいろな制度の影響を受けて、予想と狂う場合があるため、年末には年末調整を行って、税金を払いすぎていたり、足りなかったする分を調整しています。会社以外からの収入を得た場合は、この年末調整では対応しきれませんので、確定申告が必要です

また、個人事業主の場合も職種・契約方法によっては、代金の支払い元が源泉徴収する場合があります。

簿記知識の習得

アプリやWebサイトなどが発達し、経理が楽になってきたとはいえ、立て替え払いなど特殊な経理処理をする場合にはどういう仕組みで簿記が行われているかを理解しておいた方がなにかと便利です。

商業高校の学生がはじめに取得する「簿記3級」と呼ばれる資格試験に向けた参考書などを購入して勉強するのがセオリーですが、最近では便利なサイトも登場してます。

簿記3級 無料学習サイト 【Study Pro】http://studyboki3.com/

このサイトは、よくある参考書で紹介される知識と簡単な問題集を元に、順番に知識取得ができるように設計されています。

簿記3級全ての範囲をカバーするため、学習時間の予想時間は47時間36分のボリュームになっていますが、実際にはそこまで時間はかかりません。アカウントを作成すれば、どこまで勉強したかも記憶させられますので、暇を見つけてボチボチと勉強してみるといいでしょう。

簿記管理サイト

とっつきやすさを考えると、freeeがオススメです。

クラウド会計ソフトfreee https://www.freee.co.jp

入金と出金が、どの口座で誰からいつ幾ら出入りしたのかを登録していくことになりますが、領収証の写メから自動的に帳簿登録してくれる機能や銀行口座から自動的に費目(なんの目的の入出金かを分類する仕組み)を推測するなど、できるだけ利用者が会計処理をしらなくても、帳簿が作成できるようになっています。

また、帳簿から直接確定申告フォーマットを出力する機能なども搭載されており、個人で会計処理を行うには十分な機能が搭載されています。

他にも、クラウド会計ソフトやWindowsソフトなどで会計ソフトは数多くありますが、税理士さんにお願いしていて、税理士さんが使い慣れてる別のソフトがあるなどといったことがなければ、freeeで十分ではないでしょうか。

専用銀行口座

freeeを使っていくと分かりますが、個人の銀行口座とゲーム配信者としての口座は分けておいた方が便利です。

例えば、同じ口座で運用している場合、通帳に記載された出金が、個人で洋服などを買うために出金したものなのか、ゲーム配信者として必要な機材を買うために出金したものなのかが、ひと目では分からないためです。

ゲーム配信者としての口座といっても、個人事業主として屋号を使うなどしない限りは、通常の普通口座で十分です。例えば、普段みずほ銀行を個人で使っている場合に、ゲーム配信者としてはりそな銀行東京三菱UFJ銀行を新たに開設するなどです。

VISAデビットカードが発行できる、楽天銀行住信SBIネット銀行などもゲーム配信者にはオススメです。

困った時の税理士

俺はゲーム配信者としてゲーム配信に注力したいんだ!!という人は、多少お金はかかりますが、全て税理士さんにおまかせするのも一つの方法です。確定申告だけを受けてくれる税理士さんもおられますので、探してみるのをオススメします。

ネット上でインターネット関連ビジネスに強い税理士さんを探すのも一つの手ですが、普段から何かと連携が必要な仕事ですので、お住いの地域で探すのも良い手ではないでしょうか。